歌ネットにて「palette」の歌詞エッセイが公開されました。ぜひご覧ください!

「臆病なパレット。」

https://ps.uta-net.com/ksur

7月1日(金)

22時台

「ROCK KIDS 802」生出演いたします!ぜひお聞きください!

6月30日(木)

17時台

FM802「802 RADIO MASTERS」生出演いたします!ぜひお聞きください。

9月9日(金)に全国公開となる劇場版アニメ「夏へのトンネル、さよならの出口」で主題歌と挿入歌を担当することが決定!

劇場版アニメ「夏へのトンネル、さよならの出口」は、優しさと切なさに満ちたひと夏の青春を繊細な筆致で描き、デビュー作にして第13回小学館ライトノベル大賞のガガガ賞と審査員特別賞のW受賞を果たした八目迷の「夏へのトンネル、さよならの出口」(小学館「ガガガ文庫」刊)を劇場版アニメとして映像化した作品。

2020年公開の『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』などを手掛けた田口智久が監督を務め、制作は2021年公開『映画大好きポンポさん』などを手がける新進気鋭の制作会社CLAPが担当。主人公・塔野カオルを鈴鹿央士、転校生・花城あんずを飯豊まりえがフレッシュに演じる。

夏の終わりにふさわしい、エモーショナルで心に響く少年少女の成長物語となっている本作だが、eillが本作のために書き下ろした主題歌「フィナーレ。」は劇場アニメの主題歌としては初の提供作品となっており、ひと夏の美しいストーリーと幻想的な映像に寄り添った楽曲となっている。

挿入歌「プレロマンス」は、劇中の印象的なシーンで使用されており、疾走感がありどこか懐かしくて儚い恋の始まりを感じさせる楽曲となっているのでそのシーンにも注目してください!

さらに本編では2020年リリースの「片っぽ」のアコースティックバージョンが使用される。主題歌「フィナーレ。」と挿入歌「プレロマンス」、さらには「片っぽ」のアコースティックバージョンと、eillの楽曲が本編を彩っているので是非劇場で劇場版アニメ「夏へのトンネル、さよならの出口」を楽しんで欲しいです。

eillコメント

「今回、オファーを頂いてから何度も原作を読み返して、主人公のふたりの心の中を覗きながら、日々を一緒に過ごして曲を作りました。

同じ時間を過ごすと、似てきたり、お互いのことがわかってくるように、ふたりの共同戦線は、どんどん深く、明確な絆に変わっていく。そんな真っ直ぐなふたりが私はとても好きで、色褪せない愛を歌った主題歌を「フィナーレ。」と名付けました。そして、なにか物語がはじまる前のトキメキを描いた挿入歌を「プレロマンス」と名付けました。 さらに過去曲の「片っぽ」も劇中歌として選んで頂けて、、本当に光栄です、、、。楽曲では、海の音や原作に纏わる効果音、音楽で作れるワクワクを沢山!詰め込んだので、ぜひ楽しみにして頂けると嬉しいです!私も、劇場で観れるのが待ち遠しいです。」



■■劇場版アニメ「夏へのトンネル、さよならの出口」

■公開日:2022年9月9日(金) 全国公開

■STORY

ウラシマトンネル――そのトンネルに入ったら、欲しいものがなんでも手に入る。ただし、それと引き換えに…。

掴みどころがない性格のように見えて過去の事故を心の傷として抱える塔野カオルと、

芯の通った態度の裏で自身の持つ理想像との違いに悩む花城あんず。

ふたりは不思議なトンネルを調査し欲しいものを手に入れるために協力関係を結ぶ。

これは、とある片田舎で起こる郷愁と疾走の、忘れられないひと夏の物語―。

■主演

鈴鹿央士・飯豊まりえ

■田口智久(監督) コメント

「片っぽ」はまるでこの作品のためにあるような曲だと思いました。とても美しく儚い、誰も誰かを求めているというあまりに普遍的であり、個人的でもあるこの曲はまさに「夏へのトンネル、さよならの出口」であったように感じました。「プレロマンス」は華やかにこの作品の色を強く引き立ててくれています。映画の彩度が、音楽によって一段も二段も引き上げられたように思います。青春の確かな輝きが音楽の力によってその輪郭を鮮明に浮かび上げてくれました。主題歌としてある「フィナーレ。」は作品テーマのアンサーにもなっている曲だと感じています。きっと映画を見ていただければその意味が分かるかと思います。

■八目迷(原作) コメント

初めて「フィナーレ。」を聴いたとき、なんてまっすぐなラブソングだろうと思いました。何かと不器用な主人公ふたりの、本当に望んでいたものが、この曲に秘められているんじゃないかな。そう思わせてくれる曲です。そして挿入歌である「プレロマンス」も、夏の到来と淡いボーイミーツガールを感じさせてくれました。誰だって一度は、この曲に込められたドキドキを求めていたはず。夏の青空のような曇りのないロマンスを、ぜひ劇場で味わってください。

■原作:八目迷「夏へのトンネル、さよならの出口」(小学館「ガガガ文庫」刊)

■キャラクター原案・原作イラスト:くっか

■監督・脚本:田口智久

■キャラクターデザイン・総作画監督:矢吹智美

■色彩設計:合田沙織

■美術監督:畠山佑貴 栗林大貴 

■撮影監督:星名工 

■CG:チップチューン 

■編集:三嶋彰紀

■音楽:富貴晴美 

■音響監督:飯田里樹 

■制作プロデューサー:松尾亮一郎 

■アニメーション制作:CLAP

■主題歌:「フィナーレ。」 eill (ポニーキャニオン)

■配給:ポニーキャニオン 

■製作:映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

■公式サイト:https://natsuton.com/

■公式twitter:@natsuton_anime

■©2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

https://natalie.mu/music/pp/eill04

ナタリーにて「HAPPY BIRTHDAY 2 ME」のインタビューが公開されました。ぜひご覧ください!

9月24日(土)
Nulbarich / Vaundy / TENDRE / ALI / BONNIE PINK / eill /
I Donʻt Like Mondays. /LUCKY TAPES / YONA YONA WEEKENDERS / toconoma / Omoinotake
9月25日(日)
Donavon Frankenreiter / Def Tech / SIRUP / iri / Awich /
never young beach / chelmico and more…

http://greenroombeach.com

チケット https://eplus.jp/grb/